カテゴリー
alienbaby(発達障害)

『私の子供は宇宙人(グレーの発達障害)』

Welcome『私の子供は宇宙人(グレーの発達障害)』

『私の子供は宇宙人(グレーの発達障害) 』 と言うテーマでカミングアウトして、オンラインカラーセラピストの母親が宇宙人(発達障害)の子育てについても、このサイトで取り上げ(シェアし)ています。宇宙人(グレーの発達障害)の子育てに悩んでおられるお母さんの癒し処として少しでもなれたらいいなと思っています。Youtubeの【LOVE♡じぶん】チャンネルでは、オンラインセラピストのArisaが、あなたに『人生(令和の世)を軽やかに生きていける』心をいやすような動画を厳しくも優しく、肉声でお届けして行きます。

↑ 私の子供は宇宙人(グレーの発達障害) ↑ と言うタイトルでYoutubeに動画をアップしました。

Youtubeチャンネル

カテゴリー
alienbaby(発達障害) 子育てママ

発達に個性のある息子(宇宙人)の進路①

発達に個性のある息子(宇宙人)の進路について

私の子供は宇宙人

発達に個性のある(グレーの発達障害)子供の親御さんにとって、宇宙人の進路についてはとても不安だらけだと思います。
前回の記事では、サポート校に入学した子供のその後について紹介しました。今のところ、サポート校が宇宙人にとっては、良かったのではないかと考えられます。

今回は、その前に進学先を決めるときのことを動画にしてあるので紹介いたします。

①宇宙人の進路(運命の流れに任せてみる)

発達に個性のある(グレーの発達障害)子供が進学を検討するのは、サポート校と言われる学校です。サポート校は、そういう子供たちを専門に扱っているので、安心して進学させることが出来ると思って色々見学会にも行きました。

 動画にもあるように宇宙人は、突然、見学会のドタキャンをしたりしてママを困らせてしまったのです。でもそれは、彼の選択なのでそれを、私はしっかりと受け入れて次の道へ進む事だけを考えました。流れに任せてしまうイメージです。
無理矢理ママの思うようにしようというのは絶対にダメだと思っていたので、彼が選択したものを優先してあげる事にしました。

②宇宙人の進路(高校進学の選択)

 やはり、進学先はそういう発達に個性のある(グレーの発達障害)子供たちにも理解のある学校(サポート校)を中心に検討していたのですが、やはりちょっとした問題を引き起こしています。でも、何とかそんなトラブルもクリアして進学先も決まりました。動画では、サポート校での見学会で暴言を発してしまったエピソードなども交えて話をしています。
 普段から暴言を発するのは当たり前の様になっているのですが、事前に根回しをしておくこともママの心がけ一つで、トラブルにならなくなることも重要です。コチラ⇓の動画でもサポート校の見学会でのトラブルの話をしています。

 普段からトラブルが起きやすいのが宇宙人。進級や進学でも根回しをしておくとかそういうフォローがママには必要です。高校の見学会でも何が起こるかわからないので、根回しは重要です。先生(学校)側との、コミュニケーションが上手く出来るには、ママのきめ細やかなサポートが重要になってきます。

高校も、小学校や中学校での進級や進学もママのやることは、一緒

 
特に、小学校や中学校での進級や進学時には、懇談会や個人面談で先生にもちゃんと伝えておくことも重要になってきます。先生(学校)に、丸投げで頼るのではな、生徒側もきちんとアプローチするような姿勢も必要です。やはり一番身近にいるママが、ちゃんと見守ってあげる事が大切なのです。

 入学後のサポート校での様子は、こちら⇒
 少数精鋭(15名)で、担任の先生が2人いていただけるからこそ、安心して毎日送り出しています。

カテゴリー
alienbaby(発達障害) 子育てママ

発達に個性のある息子(宇宙人)が、サポート校へ通うようになって・・・

発達に個性のある息子(グレーの発達障害)が高校はサポート校に通うようになりました

コロナ自粛で開店休業状態だった子供たちですが、発達に個性のある長男(新高1)は、そういう子供たちをちゃんと見守ってくれる学校(通称サポート校)に通うようになりました。その、息子がようやく自粛も終わって学校へ通うようになったのですが、その時の模様について動画で語っています。

よし学校へ行こう!!

 サポート校の特徴の一つが、少数精鋭。なので、子供一人一人を常に見守ってくれているのがとても親にとっては安心です。
何かあってもすぐに連絡が来るし、その日1日の連絡みたいなものがちゃんと、連絡帳で報告をしてくれます。中学校は、普通校だったので、先生もずっと子供一人に目をやっている手間もヒマもノウハウもなあまりない感じだったのですが、私学の高校(サポート校)では、先生のやる気も凄く感じられるので、その熱意みたいなものが子供にも伝わってるみたいで、学校へ行こうという気持ちもすんなりとわいてくるみたいなのです。
 
 自分から、何かをしようとすることがあまりなかった息子だったのですが、ちょっと朝眠かったり、雨が降っていたら学校へは行こうとしなかった息子(中学時代)なので、このサポート校は、結構相性が良いようです。

少数精鋭

 このサポート校は、少数精鋭でクラス担任も二人いて、常に子供たちをフォローし、親とのコミュニケーションも手厚くしていこうと言う姿勢が凄よく伝わってきます。
 
先日の投稿日も学校に、行くと自宅を出たのに『来てません!』と、担任の先生から緊急連絡。大至急、私が、通学路を捜索していたらポツンと一人で雨宿りをしていた息子を発見。大雨で傘がつぶれて、雨宿りをしていたらしいのですが、そのまま新しい傘を買って、学校へ送り届けることが出来ました。これも、学校の姿勢がすぐにわかるエピソードですが、宇宙人のママにとっては安心です。

体験型の授業

 宇宙人の進学先に、このサポート校にしたのは、お勉強中心の座学ばかりではなく、いろんなことを体験させてくれるカリキュラムがあったり、スクーリング(泊りがけ体験)で色んな事を体験させてくれるというのが、事前の説明会などで紹介があり、宇宙人(息子)も興味を持ったのです。自分からここが良いと言ってくれたのもある意味驚きでしたが、自分が決めた学校なので機嫌よく通っているのはやはり、子供の選択を重視した甲斐がありました。

 発達に個性のあるような感性の高い子供には、そういう体験を通して知ることが出来るのは重要と思っていたので、ママにとっても、子供にとってもこの学校が良いと判断するポイントにもなっています。

カテゴリー
alienbaby(発達障害)

茶話会と言う名の公開◎刑 その後の対応!?

茶話会と言う名の公開◎刑 その後

発達障害と言う呼び方やめませんか?の記事の中でも紹介した動画にある出来事(コチラの動画(【LOVE♡じぶん】懇親会(公開○○)と言う名の袋叩き!)

のその後についても、どうなったかとか興味がある人も多いと思うのですが、それについても動画を作っているのでご覧ください。

ママも、一緒に引きこもっていてもしたがない!これはとても大切。今、自分が出来ることを一生懸命にやる!

さすがに、その懇親会(公開○○)の後は、ひと月くらいは引きこもりのような状態になり、子供も、クラブもやめてしまいました。でも、私は、カラーセラピストの経験をしてきたので、自分は、何がしたいのかをしっかりとを見つめなおすことに気づいてそれで何とか立ち直ることが出来たのです。

 最初は、引きこもってしまうのですが、子供にとってママがそんな状態では何も始まらないという風に考え、私らしく出来る事は何だろうと自問自答して、少しずつ変えようと努力して行ったのです。もっと、堂々と、今、私が出来ることを少しずつ一生けん命にやろうと考えるようになり、積極的に買い物に出かけたりPTAの役員も引き受けたりして少しずつ、表に出ることが出来るようになりました。

少しずつ変えてみたら!周りの目を変える

 同じような境遇のママさんも皆さん、引きこもりのような状態になってしまうようです。臭いものにふたをするようなイメージをママ自身が植え付けてしまうのだけはだめです。ママも一緒に引きこもっているようでは、ほかの👨‍👨‍👦‍👦兄弟(姉妹)たちにも良くないと思いませんか?

 最初は苦しくても、環境を変える!今の自分の立ち位置を変えてみることで、ほんの数センチ変えるだけでも変わって行きます。例えば、普段のお買い物も、ちょっと通る道を変えてみるとかだけでも全く違う出会いや気づきを得ることも出来ます。とにかく、家にこもらず外に出るのも必要! もちろん、ママだけでなく子供さんでも同じことが言えます。

 とにかく、今、十分に出来ることを精一杯やる!そうすると、少しずつ周りに人の目も変わってくる!

カテゴリー
alienbaby(発達障害)

発達障害と言う呼び方やめませんか?

発達障害と言う呼び方!?やめませんか?

以前から、発達障害の子供には、ほかの人にはない才能があると言ってきましたが、現在、準備中の『聞き上手』『引き出し上手』のコンサル講座でマンガを使いたい(作成して欲しい)とお願いしている「集まる集客まんがプロデューサーのありす智子さん」が、マンガで使ってくれた【発達に個性がある子】と言う、呼び方に凄く共感してしまいました。

<【LOVE♡じぶん】『聞き上手』『引き出し上手』のマンガのラフが出来ました。>

これから、我々のサイトやYoutubeチャンネルでは、積極的に【発達に個性がある子】と言う風に、使っていきたいと考えています。障害と言うと、ママさん(保護者)は、もちろん、そういう子供たちも発達障害と言われる事に抵抗があるのも事実ですし、それよりも、この【発達に個性がある子】と言われる方が劣等感も持たなくて済むと思います。

良ければあなたもこれ【発達に個性がある子】って言葉を使いませんか?

実際、一般的には【発達に個性がある子】は、一般的な人と比べると少し違うってことですよね。それを発達障害と言う言葉で片づけてしまうのはちょっと、問題があるのではと思いませんか?ちょっと、言う事を聞いてくれないとか、行動や発言に問題があるからとそれをすべて従来の発達障害と言う言葉で片づけているような気もします。
 親だけでなく、学校の先生方も、それを理由に片付けてしまおうとする面もあるのではないでしょうか?周りの健常者たちのママさんも、向き合ってくれない(受け入れてくれない)人はたくさんいるのですstrong>【発達に個性がある子】と言う風に理解して受け入れてあげてはどうでしょうか?
コチラの動画(【LOVE♡じぶん】懇親会(公開○○)と言う名の袋叩き!)⇓も是非ご覧ください。

「ああ言う子供が犯罪予備軍ですよね」と言う言葉に傷付くのは、ママもそうですが、子供もそうなんです。しかし、『発達障害』と言う言葉に封じ込めてしまうよりも、発達に個性がある子と言う方がとても受け入れやすいと思いませんか?

確かに問題行動が原因でトラブルはいっぱいあります。それも、ある意味個性と捉えてしまいませんか?十人十色でそれぞれ持って生まれた色は違うのです。その色をきちんと見極めるのが、一番近くにいるママなのです。

十人十色については、このブログでも、これからももっと積極的に扱っていきます。

カテゴリー
塗り絵 線画

塗り絵コンサル

塗り絵コンサル
塗り絵! 線画をクリックしてみて!ください。
先ずは、何か色を塗ってみてください!(何色でもOK)

カテゴリー
未分類

保護中: クリスタル診断

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー
未分類

保護中: マンガラフ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー
alienbaby(発達障害)

ママ(パパ)ってどうしてそんなに、子供に対して怒るんですか?

いつも子供やる事なすことにイライラしてませんか?

でも、そんなことに気づいていない人も多いでしょう?
中々、常に自分はイライラしてるなんて思ってないでしょう・・・。少しは、気付いていても。絶対に認めませんよね。
だって、自分は正しいと思っているから。

ママ!どうしてそんなに怒ってしまうの?⇓

ママ、パパの言う(考えている)事がすべてだと思っているんでしょう・・・。

自分(ママ、パパ)の思い通りに、やらない(出来ない)子供さんを否定してませんか?

そういう人の悩み事は、自分の子供がどうしてそうなんだ(誰々ちゃんのように出来ない)と、他人の子供さんと比べてませんか?

その怒りが本当は、あなたの一番欲しいものを遠ざけている

動画の中では、ついつい怒ってしまうお母さん(お父さん)について解説しています。子供に怒ってもその怒りが逆に、あなたと子供さんの距離を遠ざけていることを知ってますか?

貴女(そういうママ、パパ)は、子供さんが、自分の思った通りに動いてくれて、周りからもよく出来たお子さんねと言われる(褒められる)のが、理想となってしまったりします。

勉強が、出来ないからとか、約束を破ったりしたとか言う理由ですぐに手をあげたりしてませんか? 下手したら、虐待かも知れませんよね・・・・。

人からの評価があってこそ価値のある自分

あなたは、人の目ばかり気にして生きてませんか?人からの評価があってこそ価値のある自分と思っていませんか?

自己肯定感が低い人は、タダの見栄っ張りな人が多いはずです。

子供にまで、見栄っ張りの自分の価値観を押し付けてませんか?
自分の子供に対しても他の人からどう思われてる?かを凄く気にしているはずです。そういう子供さんて、凄く息苦しくてしんどいはずです。

そのイライラを鎮める(落ち着かせる)一番の方法

一つだけ、基本的なことをお伝えしておきますね。貴方のそのイライラと言う名のストレスを解消する簡単な方法があります。
貴方が出来ない!問題だ!と思っている子供さんのその部分は、実は個性なんです。他の子供たちよりもちょっと、数字の計算が遅くても良いじゃないですか?

私はカラーコンサルタントなので、10人10色を認めています。無理矢理に子供さんを、自分の気に入った色に染めたいなんて思ったりしません。人それぞれ、個性を持っているのでそれをピカピカに磨き上げるようにしませんか?その子供さんの個性と言う色を、ピカピカに磨き上げることが出来るのはあなたしかいませんね。

特急に乗って目的地まで早くついてしまう子もいれば、各駅停車に乗りながら、車窓をのんびり見ながら目的地まで行くのもいいじゃないですか?じっくり、車窓を見ながら何かを考えているのかも知れません。みんなが同じ電車に乗らないと目的地まで付けないのでしょうか?お先にどうぞと先に言って貰えればよいだけ。じっくり、個性が花開くのを見守ってあげればよいだけですよね。

そう、あなたは子供さんの個性を見つけて、認めて、見守ってあげるだけ。これが一番の方法です。

カテゴリー
alienbaby(発達障害)

動物好きな宇宙人(発達障害の子供)・・・実は

宇宙人(発達障害の子供)は、とても動物が好きなんです。

最初は、街中の野良猫を見てお腹を空かしていてかわいそうと思っていたようなのですが、段々、その野良猫たちに自分のお小遣いから餌を買ってあげるようになっていました。
自分のおやつを買おうともしない息子(宇宙人)が、猫のために持って行ってご飯をあげるようになったのです。

ダックスフンドが心の拠りどころ

でも、野良猫にエサをあげたりしてはいけない(注意されて)ので、自宅に犬のダックスフンドを迎えることにしました。
そうしたら、心優しい宇宙人(発達障害の子供)にとっては、そのダックスフンドが心の拠りどころになったようです。

普段、周りの人間からは、中々、理解してもらえない宇宙人(人に怒られてばかり、思いを伝えることが上手く出来ない)にとっては、言葉のコミュニケーションが無くても通じ合える犬が凄く良いお友達のような存在になっていったのです。

コミュニケーションを取る練習!

人と関係を築くのが難しい子供たち(宇宙人)でも、言葉が無くても、犬は、常に優しく寄り添ってくれる存在。

    犬となら上手にコミュニケーションを取ることが出来るようになれば、少しずつ、動物以外(人間)とのコミュニケーションもが取れるようになっていくはずです。

5感が鋭い犬と、感性の高い宇宙人はとてもうまくコミュニケーションが取れているのです。

カテゴリー
聞き上手、引き出し上手

ありす智子さんのオンラインセミナーに参加して

集まる集客まんがプロデューサーのありす智子さんの個別相談会に参加しました。

以前から、漫画を使って自分の商品を売りたいなと思っていたので、メルマガ(メールマガジン)に紹介されていたオンラインセミナーと個別相談会に申し込みました。

最近、売り出そうと計画を始めたオンライン講座(発達障害のお子さんをお持ちのママは必見!色を使った「聞き上手、引き出し上手になるための講座」)に、是非マンガによる、集客、宣伝などに使ってみたいと考えていたので、思い切ってありす智子さんのZOOMを使ったオンラインセミナーと個別相談会に参加してみたのです。
 色を使った、講座(「聞き上手、引き出し上手になるための講座」)なのでマンガとはうまく相性もよいと考えていましたし、文字が中心の講座案内では、イマイチ説得力に欠けると言う風に考えていたのです。特に、感性を重視する、色を使った講座では、マンガのようにVisualに訴える方が説得力もありますよね。お母さん向けの講座ですが、感性が高いのが宇宙人(発達障害をお持ちの子供さん)の特徴なので、その宇宙人を的確に捉えるマンガと言うものは、絶対に欲しいと思っていたのです。

 実際、個別相談会では凄くじっくりとていねいに話を聞いて、マンガを作ろうとされていると言うのも感じますし、すでにたくさんの、マンガを使ったマーケティングの経験もあってアドバイスも的確でした。
ちょうど、「聞き上手、引き出し上手になるための講座」のマンガをお願いしようとしているので、【聞き上手、引き出し上手】なありすさんに作って貰えれば安心と言う風に思いました。マンガに必要なものを的確に引き出し、こちらが何を言いたいかもしっかりと聞いてもらえるので凄く安心でした。

私は、子育てにおいて、「聞き上手、引き出し上手になる事」を講座でシェアしようと思っていますが、営業マンの方なんかにも必要ですよね。「聞き上手、引き出し上手になる事」は、大人でも使えるし、特に売ろう売ろうと自分の商品の良さばかり言う人って多分成績は良くないはず。
焦らず、じっくりお客様の声を聞くことが出来れば、営業成績は大幅にアップするんでしょうけど・・・。

ありす智子さんのマンガには、やはり、すごく【聞き上手、引き出し上手】な部分は必要だなと感じましたが、この人に相談したらマンガを是非、書いてもらいたくなる、商品も売れるはずと感じました!

子供の声を聞くのも、お客さんの声も聞くのも一緒

 宇宙人(発達障害)の子育て中のお母さんはもちろんですが、そうじゃないお子さんをお持ちの母さんでも、お子さんの求めているもの、期待しているものを全くキャッチしないと子供さんとの距離は縮まりません(コミュニケーションが取れない)。
 営業さんで中々売れないと悩んでいる人も、お客さんの求めているものをキャッチ出来ないと売れないのです。昔から、○○な上司は『営業マンに評論家は要らない』『とりあえず売って来い!』とおっしゃるのですが、お客の声に耳を傾けないことが売れない原因の一つであると考えなければならないのです。お客の声を代弁する末端の営業マンの話を聞く姿勢は、上司(会社)には必要。

ありす智子さんの個別相談は、とても良く話しを聞いてもらえ、それからマンガ制作に至るので安心してこの人に頼みたいとなるのです。私がやろうとしている講座「聞き上手、引き出し上手になるための講座」でも凄く参考になりました。

ありす智子さんのメルマガは必見

ほぼ、毎日届くメルマガを見ていて、ありすさんはもちろん、そこに紹介されている人たちの実際のビジネス例もとても勉強になります。このメルマガを読んでいると私も作ってほしい、私にも出来るんじゃないのと言う風に感じていました。たくさんの、そういった方たちがマンガにされているので、そう言ったものを是非参考にして欲しいと思います

もし、何かオンラインで起業してるとか、これから起業したいと言う方なら是非参考にされたら良いと思います。コロナ自粛で、何かやって見ないととか、何かやって見ようと言う人には、さらに自分の得意とする分野で何か売れるものがあるならば、そういった自分の得意分野をマンガにしてみるといかがでしょうか?

オンライン講座/マンガのビジネスストーリーを公開して行きます

私が今回、マンガをありすさんにお願いするにあたり、どういう風にしてマンガを使ってビジネスをやっていくかと言う事もこのブログや、LINE公式アカウント、Youtubeなどでオンライン講座(発達障害のお子さんをお持ちのママは必見!色を使った「聞き上手、引き出し上手になるための講座」)のビジネスストーリーを積極的に公開して行きたいと思います。

ありす智子さんのHPはコチラ⇒