カテゴリー
子育てママ 聞き上手、引き出し上手

聞き上手、引き出し上手になるための講座リリースします

聞き上手、引き出し上手になるための講座①

この講座に、ご興味を持っていただきありがとうございます。以前から、宇宙人(発達障害の子供)の子育てや、健常者であろう子供たちの子育てに悩むママ向けに多くの動画(Youtube LOVEじぶんチャンネル)を紹介してきました。

 ピーターパンの【大人には見えない世界】をオンラインセラピストArisa流に解説。

 【LOVE♡じぶん】休校中の子供との過ごし方②お家で出来る子供の感性を高める面白・おススメ方法をシェアします。

 自己肯定感が高いと無敵です!

多くの方々が、子育てについてどうしたら、その子らしさを引き出していけるのだろう、そもそもその子らしさって何だろう?笑顔でゆったりとした気持ちで子供に接するにはどうしたらいいの?行き詰まったときにどうしたらいいのだろう?と感じた事はあるはずです。

色を使った子育ては、とても有効!

わたしも、カラーセラピーのコンサルタントをさせていただきながら、グレーの発達障害と言われる子どもを含む計三人の子どもの子育てに取り組んでいます。そんな状況下では、私の得意分野のカラーを取り入れた子育てが、とても宇宙人(発達障害の子供)とのコミュニケーションを取るのに有効である事を実感していました。

なぜなら発達障害を持つお子さんは、自身の気持ちを言語化するのが難しいということがよくあるからです。
今回、そんな子育て生活において、有効であり、大切であると感じた事を、同じように子育てに取り組んでいらっしゃるお母さんたちに、シェアしていこうと考えました。

子供のもつその子らしさ(特色)をのびのび発揮していきませんか?!

実は、子供のもつその子らしさ(特色)をのびのび発揮していく為のベースとして、お母さん達の在り方。これが一番お子さんに影響を与えていると言っても過言ではありません。今回の講座を開催するにあたり、先ずは、お子さんとの上手なコミュニケーションの方法。その子その子にあった接しかた、お母さんの心のあり方についてなど、お子さんが持って生まれた素晴らしい特色(個性)を表現し、伸ばしていく方法をシェアしていこうと思います。

あなた(ママ)のあり方が子育てには重要です!

例えば、あなたの子供さんとほかの家の子供さんを比べて、出来ないことをやたら叱ったりしてませんか?「どうしてうちの子だけで見ないんだろう」とあなた(ママ)自身が悩んでませんか?ストレスを抱え込んで、引きこもったりしてませんか?ママがストレスに感じていることは、子供さんはそれ以上にストレスを感じていることが多くあります。そうすると、子供さんが、引きこもってしまったり、言葉を発しなくなったりすることもあります。

子供の気持ちを聞いてあげるのは、まずは、あなた(ママ)です!

まずは、あなた(ママ)も子供さんの声をちゃんと聴いているか確認してみませんか?
そして、聞けてない、聞き方が分からない、子供が言ってくれないと感じるかも知れませんね。この講座では、私が開発した色を使って子供さんの心の声を聞く方法をあなた(ママ)に習得することを目指します。

聞き上手、引き出し上手になるのは、子供さんよりもあなた(ママ)です!そして・・・

今までガミガミとどうしてあなたは出来ないの?と怒ってばかりのあなた(ママ)が、聞き上手、引き出し上手になれば、きっと子供さんはあなたに色んな事を少しずつ話してくれるようになるはずです。
 もちろん、子供以外の対人関係においてもあなたは変わってくるはずです。例えば、隣人、ママ友、PTAにも出かけることに躊躇していたのが、少しずつ出歩くことも出来るようになります。

「○○○○○?」このママのたった一言が実は 魔法の言葉・・・

例えば、子供さんを黙らせる(静かにさせる)ために、Youtubeを見せてるなら、その動画を見終わったら、その感想を聞いてみてください「○○○○○?」このママのたった一言が、子供さんの言葉を発する(コミュニケーションを取る)きっかけにもなるのです?もちろん、アニメでも、絵本なんかでもOKです。こんな、たった一言「○○○○○?」が面倒臭かったら、ママ失格です。
 ママも一緒に動画を見たら良いのです。そして、子供さんに一言「○○○○○?」と魔法の声をかけて下さい。小さいときから、この声掛けをする癖をママが付けてておくと子供さんは、自分の頭の中で今見た動画を整理整頓して感想をシェアするようになります。自分の言葉で発言する癖を付けることが出来ます。ただし、無理矢理にやろうとしてはダメです。時間をかけてじっくりとそういう習慣を子供さんに付けてあげましょう。
もちろん、動画(Youtubeなど)だけではありません。アニメもOKだし、ママが絵本の読み聞かせをしてあげてるなら必ず、「○○○○○?」と言う声掛けをしてあげましょう。それが習慣化してくると子供さんも段々変わってきます、自分の頭で考え、そして、自分の言葉で発するようになります。
子供さんが大きくなって読書感想文の課題なんかも出てくると思いますが、そういう時にもきっと生かせるはずです。

こちらの動画も参考になるので、是非ご覧ください。
子供とのコミュニケーションが、進んで楽しくなると思います
【LOVE♡じぶん】休校中の子供との過ごし方③おうち時間

集まる集客まんがプロデューサーのありす智子さんに講座のマンガを描いてもらう予定です。

色を使った講座の

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です