カテゴリー
alienbaby(発達障害) 子育てママ

発達に個性のある息子(宇宙人)の進路①

発達に個性のある息子(宇宙人)の進路について

私の子供は宇宙人

発達に個性のある(グレーの発達障害)子供の親御さんにとって、宇宙人の進路についてはとても不安だらけだと思います。
前回の記事では、サポート校に入学した子供のその後について紹介しました。今のところ、サポート校が宇宙人にとっては、良かったのではないかと考えられます。

今回は、その前に進学先を決めるときのことを動画にしてあるので紹介いたします。

①宇宙人の進路(運命の流れに任せてみる)

発達に個性のある(グレーの発達障害)子供が進学を検討するのは、サポート校と言われる学校です。サポート校は、そういう子供たちを専門に扱っているので、安心して進学させることが出来ると思って色々見学会にも行きました。

 動画にもあるように宇宙人は、突然、見学会のドタキャンをしたりしてママを困らせてしまったのです。でもそれは、彼の選択なのでそれを、私はしっかりと受け入れて次の道へ進む事だけを考えました。流れに任せてしまうイメージです。
無理矢理ママの思うようにしようというのは絶対にダメだと思っていたので、彼が選択したものを優先してあげる事にしました。

②宇宙人の進路(高校進学の選択)

 やはり、進学先はそういう発達に個性のある(グレーの発達障害)子供たちにも理解のある学校(サポート校)を中心に検討していたのですが、やはりちょっとした問題を引き起こしています。でも、何とかそんなトラブルもクリアして進学先も決まりました。動画では、サポート校での見学会で暴言を発してしまったエピソードなども交えて話をしています。
 普段から暴言を発するのは当たり前の様になっているのですが、事前に根回しをしておくこともママの心がけ一つで、トラブルにならなくなることも重要です。コチラ⇓の動画でもサポート校の見学会でのトラブルの話をしています。

 普段からトラブルが起きやすいのが宇宙人。進級や進学でも根回しをしておくとかそういうフォローがママには必要です。高校の見学会でも何が起こるかわからないので、根回しは重要です。先生(学校)側との、コミュニケーションが上手く出来るには、ママのきめ細やかなサポートが重要になってきます。

高校も、小学校や中学校での進級や進学もママのやることは、一緒

 
特に、小学校や中学校での進級や進学時には、懇談会や個人面談で先生にもちゃんと伝えておくことも重要になってきます。先生(学校)に、丸投げで頼るのではな、生徒側もきちんとアプローチするような姿勢も必要です。やはり一番身近にいるママが、ちゃんと見守ってあげる事が大切なのです。

 入学後のサポート校での様子は、こちら⇒
 少数精鋭(15名)で、担任の先生が2人いていただけるからこそ、安心して毎日送り出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です